デオシークで臭いを抑えるための効果的な使い方

デオシークは身体の臭いを強烈に抑えてくれます。
もう、臭いで悩む日々からは解放されそうですね。

そんなデオシークにも効果的な使い方があります。
臭いに悩むのであれば、自己流ではなく効果のある使い方をマスターしましょう。
※一方で、個人差がありますので参考で

今回は効果的なデオシークのクリームの塗り方についてご紹介します。

デオシークは朝と夜の1日2回に分けると効果的

まずはじめに誤った効果のない使い方をご紹介します。
それは、「1回に多量にデオシークのクリームを塗る」ことです。
心当たらいはありませんか?

薬やサプリメントの効果を早く出そうとし、1回で多くの量を使用した経験。
デオシークも例外ではありません。

1回を多量にクリームを塗ったからといって、ワキガが改善されるわけではありません。

では、デオシークのクリームの効果的な使い方です。
1日に少量でも朝と夜にデオシークのクリームを塗ることです。

この違い分かりますでしょうか?
1日1回の場合は、デオシークの臭いを抑える時間が短いですが1日2回であれば臭いを抑える時間が長いです。

案外、1回ですぐになんとかしようと陥りやすいので気をつけたいものですね。
同じ量を脇に塗る場合でも回数が多い方が良いですね。

外出時はデオシークを持ち歩くことをおすすめする理由

上記で、デオシークを1日2回、朝と夜に塗ると良いと説明させて頂きました。
しかしワキガの臭いというのは、その時の体調などで日中に突然臭い出すことも考えられます。

特にコーヒーなどを飲んだりするとワキガの臭いが強くなる傾向もあります。
そんな時は、出先でもデオシークを使えるように携帯することをお勧めします。

臭いが気になったらすぐにクリームを塗って臭いを抑えること。これはデオシークの消臭効果のなせる技。
また、いつでも臭いが発生しても消臭できる安心感は大事にしたいですね。

緊張して汗を書いてもワキガの臭いは発生する場合があります。
こういった安心感としてデオシークを持ち歩くことでリラックスして出先でも振る舞えるのがポイントです。

コメントを残す