デオシークは医薬部外品で臭いへの効果が期待できるデオドラント

デオドラントを選ぶポイントは何でしょうか?
デオドラントは薬局、ドラッグストアなどでも手軽に購入できます。
もちろん、値段もピンキリですが選びたいポイントとして「医薬部外品」も考慮してみては如何でしょうか。

デオシークは「医薬部外品」

そもそも、医薬部外品でないデオドラントと何が違のか、また効果などについて説明させて頂きます。

デオドラントで医薬部外品は効果が高い?

まずは、医薬部外品とはどういったものかというところです。
下記は、あの有名なスキンケア大学の記載を引用しています。

●医薬部外品
医薬部外品は厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているもの。
「効果がある」と認めている成分が含まれているものなので、治療というよりは予防を目的に作られており、「肌荒れ」「にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」「皮膚の殺菌」など、表記でもその効果をうたうことができます。
※「薬用」も効果・効能をうたうことができるので、「薬用=医薬部外品」となります。
引用元:http://www.skincare-univ.com/daily/column/006344/

また、医薬部外品でなければ他に何があるのか?
「薬品」と「化粧品」になります。薬品や文字通り薬品なので市販では手に入れられません。
とても敷居が高いですね。
では、次に化粧品は如何でしょうか?

化粧品の主な目的は、「効能・効果が緩和で、清潔にする、美化する、魅力を増す」という効果が特徴です。
医薬部外本に比べて具体的な効果を保証する感じではないですね。

また、医薬部外品で注目してほしいのが「厚生労働省が許可した効果・効能」の部分です。
人は何かとお偉いさんが許可しているから安心だと思うかもしれません。

それで良いのです!

デオシークは「医薬部外品」で消臭の効果・効能に有効な成分が配合されているデオドラントと胸を張っていえる商品なのです。

じゃあ市販のデオドラントはどうなの?

いくつかテレビのCMなので流れているデオドラントの商品のサイトを確認してみました。
確認ポイントは、「医薬部外品」と明記しているかどうか!

残念ながら多くのデオドラント用品は「医薬部外品」と明記はしていませんでした。

そうはいってもテレビでCMを流すぐらいだからデオドラントとして効果はあるのでしょ?
そう思うのは個人の自由です。もちろん、あなたもそう思ったかもしれないし、逆に医薬部外品について疑問を持ったからここを読んでいるかと思います。

結論:デオシークは「医薬部外品」で効果が高い

デオシークは、ボディソープ、クリーム、サプリメントのラインナップがあります。
デオシークは上記の三点セットで通常価格が6,458円の価格です。
しかし、安いデオドラントで効果を感じず、デオドラントジプシーになることを考えれば最初から効果の高いものを選ぶのも選択肢の一つかと思います。

もちろん、どんな商品も完全に万人に合うかと言われますとそうでないので使ってみないとというのはあります。
それでも、定期購入にすることで50%OFFになるなどの制度もあります。

せめて1シーズン試すなど状況に応じて購入されることが望ましいですね。

コメントを残す